快適な室内環境にするため

エアコン

取り付け工事の基礎的な事

仙台でエアコンを新たに購入し設置するときには、自分で取り付ける方も少なからずいますが、ほとんどの方が業者に依頼して設置するはずです。エアコンを設置するときの行程はどこの業者も同じなので、ある程度の基礎知識を持っていることで、安心して工事を見守ることができます。また、エアコンを取り付ける工具には、フレアツールやトルクレンチ、真空ポンプ、マニホールドなど14種類以上の工具が必要です。エアコンの取り付けですが、仙台の業者ではまず、壁や床に傷を付けないためにエアコン周辺の養生をしていきます。そして取り付ける際の据付板のネジの位置と、配管パイプを通す位置を確認して壁に穴を開け、据付板を設置します。次に配管パイプをフレア加工するのですが、少しでもミスをすると冷媒ガスが漏れるというトラブルが起きるため、丁寧に接続をするのが特徴です。この作業が完了すると、室内機と配管パイプを接続し、本体ごと据付板へ設置していきます。注意点は、本体の室内機が間違って落とさないように、慎重に取り付けることです。そして、室外機を設置して配管パイプを繋ぎあわせ、フレア加工した部分をトルクレンチを使って締め付けます。配管パイプとドレンホース、電線を配管テープで巻きますが、注意点は埃や塵、雨水が浸入しないように下から上に巻くことが大切です。設置が完了すると真空ポンプを使って真空引きを行い、室外機の電線を接続し、壁に開けた穴の隙間をパテ埋めして完了となります。試運転をして正常に作動していれば終了ですが、その際の水漏れやドレンホースからの排水など仙台の業者も丁寧に確認してくれます。また、エアコンのコンセントには、単相100Vの15A平行型と20Aのアイエル型、単相200Vのダンデム型、20Aのエルバー型が一般的です。もしコンセントがあわない場合は工事が必要となるので、仙台で工事提供する業者なら相談することで解決できます。